インターン
中途採用
スタッフの声
インターン
中途採用
非常勤採用
事業所の一日
職員研修について
人事考課制度
キャリア形成


三宅咲

現在の仕事内容

利用者支援に関しては何通りもある答えに対してヒントを提供することがわたしの仕事です。

例えば靴を履き替える場面でいうと、支援介入しなくともご自身で靴を履き替えられるのか見守り、履き替える様子がなければその人にあった伝え方できっかけを作り、靴の履き替えを促すことです。わたしたちはサービス業ではなく、専門サービス業ですので「できる」を「できない」にしてしまう過剰な支援には気をつけ、また逆に「できない」を「できる」に変えようとして虐待に繋がることも気をつけて支援しています。

職場の雰囲気

事務作業をしているときに話しかけても気軽に話を聞いて下さったり、忙しいときでも「ちょっと待ってね」と必ず話を聞いて下さり、笑い声もよく聞こえ、和気あいあいとした職場です。

仕事を通じて学んだこと

障害を持つ人と深く関わるのは福成会が初めてでしたが、生きづらさは障害の有無に関係なくあることと、チームとして働くなかでスタッフ間の情報共有がとても重要だと実感しています。

福祉職についたきっかけ

学生時代にアルバイト先で出会った人に誘われて参加したボランティア(子ども向けブースや飲食ブースが出店しているイベントの駐輪場の整理)で仲良くなった人が福成会の人で、その人に福成会に誘われたのが福祉職についたきっかけです。

もともとは福祉に全く興味はなかったが、ボランティアで出会った人が仕事の話を楽しそうにしているのと、「福祉=大変」とよく聞くフレーズを自分の目で確かめてみたかったこともきっかけとなり、福成会に入社しました。

今後の目標

福祉従事者の人材不足を少しでも解決できるように、新規入職者でも安定したサービス提供ができる仕組みを作り、利用者・スタッフの困り事を汲み取れる、関わりやすい人でありたいです。

応募者へのメッセージ

この仕事は1人のお客様に深くサービスを提供できる仕事です。

お客様の一部分だけを支えるサービスは沢山あり、それらも魅力的な仕事ですが、この仕事は1人の人により深くサービス提供できる数少ない仕事だと思います。

最初は色々な思いの整理がつかず爆発しそうになる日もあると思いますが、利用者に癒されたり、話を聴いて下さるお節介な優しい先輩がいる職場ですので、入社前や入社後に限らずお気軽にご相談ください、一緒に悩んで解決していきましょう。

三宅咲

現在の仕事内容

生活の基本である、排泄、食事の支援であったり、下請け作業やクッキー作業など利用者が取り組みやすいように治具を使用したり、細分化をして提供し、一緒に取り組んでいます。

職場の雰囲気

一言でいうとすごくアットホームな感じです。私はけっこう人見知りをしやすくて、「お願いします!」といけないタイプですが、よく話しかけて下さったりと受け入れる体制が完璧ですごくなじみやすく感じました。私自身、4月の後半から少しずつ慣れてきたことを実感してすごく良い環境で働けているなと思います。

相談もしやすくて、入社したときから「何でも聞いてきて」「わからない事はすぐ聞く!それが1番良い」と常々言って下さっていたので聞きやすくて、「なんでも聞いていいんや」「何回でも聞いていいんや」と最初にわかったので、いまでも遠慮なく聞いています。

仕事を通じて学んだこと

人のために何かをするには、まずその準備段階として“何をしないといけない”というのがすごく大事というのがわかりました。

いまはまだ自分自身も「どうしよう、どうしよう」という悩みがたくさんあり、自分なりの答えはまだ見つかっていないですが、準備段階もとても大事だと気づきました。

福祉職についたきっかけ

大学生のときに実習で障害児保育に行き、そこで障害を持っている方に深く関わる機会が人生で初めてありました。その時は子どもでしたが「可愛い!」っていうのと「個人個人違うけどすごい成長がみられる。先週これできていなかったけど、これできるようになってる!」というのを感じて、「おもしろいな!」と思いました。そこでまず障害の方に関わる職に就けたらいいなと考え始め、迷い、考え、相談していく中で福成会にたどりつきました。大学の先生の勧めで福成会の見学と体験実習をさせてもらって「これや!」って思いました。

今後の目標

大きくまとめると笑顔を1つでも増やすこと。それは利用者だけに限らず、職場の雰囲気も大事かなと思うので、スタッフの集まる事務所を自分がなごやかにできるじゃないですけど、そういう雰囲気を作れるようになることと、利用者支援に関しては先にお話しした準備段階の話(※仕事を通じて学んだこと参照)もありますが、それを通じて笑顔を増やして行けたらなと思います。

応募者へのメッセージ

正直、私はここにきて「こんな仕事もするんや」っていうギャップもありましたが、4ヵ月以上働いてみるとそれは慣れかなと思うので、まずは飛び込んでみる勇気が大事かなと思うのでぜひ来てください!!

三宅咲

現在の仕事内容

武庫之荘分場で働いています。生活介護がメインのより就労に近い生活介護。週の内、最低でも3~4回くらいはお仕事をして頂き、その支援をしています。

職場の雰囲気

非常に良いと思います。同僚もしくは先輩の職員さん方もお話ししやすい環境です。やはり人手が足りないので常にバタバタとした感じでもう少し余裕があれば突っ込んだ支援が出来るのではないかと常々感じています。

仕事を通じて学んだこと

今までは物を売る販売や営業の仕事を主にさせて頂いていたのですが、全然違う仕事に就かせて頂いて、人とのつながり、支援という形ではなく仲間意識みたいな物を強く感じるところがあります。利用者に触れる内容には日頃から心掛けているのですが、あまり堅苦しくならずに出来るだけ身近な存在でいれることが学んだことでもありますし、得るものが多いような気がします。

福祉職についたきっかけ

家族に知的障害と身体障害を持つ次男が居りまして、特別支援学校や放課後デイサービスなどのイベントに参加させて頂く機会が多く、その時に支援員さんと話をする中ですごくいい仕事だなというのと、支援員さんから向いているのではないかなという事も伝えて頂いて家族の反対を押し切ってこの仕事に就かせて頂きました。決め手となった事柄は、以前働いていた企業の障害者枠で入られた方々が長続きしないことが数回続きまして、就労を目指して入られた障害をお持ちの方の落ち度はなく受け皿に問題がるのかと。難しいと思うのですが、受け皿の方を変えられるような形の仕事が出来ればと思い、まずは支援の仕事を勉強していき、ゆくゆくはそちらの方に力を入れていければと思います。

今後の目標

福成会で作成している製品の販売に力を入れさせて頂けたらなと思っています。物を売るというのは製作側がするのではなく、物を売るのは物を売るプロが居ますのでそちらの方に声掛けや営業をさせて頂いて、出来るだけ広くなおかつ儲けるように努力させて頂けたらなという気持ちが強いです。儲けたお金は当然利用者さんにまわるのが良いと思うのですが、運営していくには会社の方にも利益が必要で販売網を広げていくにはお金がいりますので、その辺も加味して会議などさせて頂いて決めていけたらという気持ちが強いです。

応募者へのメッセージ

新卒採用、中途採用に限らず障害をお持ちの方は社会に一歩踏み出せない所が多いですので、そこに力添えできるという仕事は支援員しかないと思いますので、不安な所もあると思いますし、やったこともない仕事ですので、難しいかもしれませんが、ちょっとしたきっかけで良い気持になることも多いですので、意欲のある人に入ってきて欲しいと思います。

三宅咲

現在の仕事内容

更衣や食事、トイレなどの日常生活を送る上での身体的介助であったり、安心して過ごせる環境を作ったり考えた、活動する中で利用者さんに興味や関心の幅が広がるような活動を考えたりする事。利用者さんと関わる場面以外では職員同士で利用者さんの課題について会議したり、自分自身のスキルアップの為に研修に参加させて頂いたりいています。

職場の雰囲気

皆で調整したりして勤務時間内にきちんと仕事を終わらせようとする様な雰囲気があります。

職員についてはフランクにしゃべれる方が多いのでちょっとした事を聞たり、向こうから「どう?」聞かれたりするので、コミュニケーションのしやすい環境の職場かなと感じます。

仕事を通じて学んだこと

待つこと。利用者さんの自主性を尊重したり重んじる為に職員が介入しすぎるとそれが妨げになってしまうので、相手のペースを焦らずに待つという事が一番学んでいることです。

福祉職についたきっかけ

旅行先で、障害福祉で働いていた人と知り合いになり、話を聞くうちに福祉の世界を見てみようかなと思ったのがきっかけで、資格を取りにいってそのまま仕事に就きました。

今後の目標

利用者さんが明日も行きたいと思える場を作る為の一端を担わせて頂きたいなと思います。

応募者へのメッセージ

興味を持つだけでなく、実際に利用者さんと関わって感じることも色々とあると思うので、まずはやりたい支援をしてみたいという思いがあるなら一緒に働きましょう。

三宅咲

現在の仕事内容

朝は送迎車の添乗で利用者をお迎えして、事業所に到着後は更衣、トイレ介助を行っています。午前はさをりや紙すきの作業やトレーニングを行い、午後からはドライブ、散歩、工作など様々なプログラムを利用者の皆さんと行っています。

職場の雰囲気

初めての福祉の仕事でなく、塚口福成園でアルバイトをしていたので、仕事の流れはわかっていたのですが、B型から生活介護と事業所の事業が変わったのでわからない事や不安なことはあったのですが、僕が聞く前から先輩スタッフが「わからないことはない?」声を掛けて頂いてアットホームな職場だなと感じます。

仕事を通じて学んだこと

コミュニカーションの取り方。障害をお持ちでない方なら言葉でのコミュニケーションが取れると思いますが、言葉のコミュニケーションが取れないからこそどのように伝えたらよいのかを試行錯誤しながら考え、先輩スタッフがどういう感じでやっているか、送迎時に家族さんがどういう風に声を掛けているのかを参考にしながらやっています。

福祉職についたきっかけ

もともと医療系の道を目指していたのですが、自分の中で違うなと思い他の道を探していました。人と関わる仕事に興味があったのでそういう仕事を探しているうちに障害支援というのを見つけて興味があるな、やってみようと始めました。

今後の目標

福祉関係なら色々な資格があるので、いろんな資格を取っていきたいです。まずは現場を「安田にならまかられるな」というスタッフになるのと、後輩が入ってきた時に良い支援を伝えられるスタッフになれればと思っています。

応募者へのメッセージ

福成会で働いていて先輩スタッフの真剣さや明るさを感じられ、本当に良い職場だと思いますので是非、来ていただければなと思います。

三宅咲

現在の仕事内容

利用者の日常生活のサポートや、活動の幅を広げることが出来れば良いなと思っています。そのため、作業時間には利用者が分かりやすく取り組めるような課題から徐々にステップアップして日常生活に繋げることができるように日々支援をさせていただき、その他は健康のため運動プログラムを利用者と取り組むお仕事についています。

職場の雰囲気

利用者はとても明るく楽しそうで、スタッフもみんな笑顔で接することが多いです。お互いの距離は近すぎず遠すぎず、程良い距離感でみんなが仕事を楽しんで働いていると僕は思っています。スタッフの年齢層は大学生から主婦の方もいるので幅も広いです。

仕事を通じて学んだこと

入職して数カ月経ちましたが、例えば運動の面ではどのように利用者に誘いかければみなさんに達成感や楽しみを感じていただけるか等、考えながらの支援が必要であることを学びました。例えば活動時、私のイメージではテニスやサッカーはラリーをするイメージがありましたが、いかに利用者に楽しんでいただけるかを考えるとラリーではなく得点をかせぐルールに変えることや、ゴールの距離幅を利用者によって変えるなど一定の個別配慮をすることで楽しさ度合に影響することが分かりました。

福祉職についたきっかけ

元々両親が福祉関係で働いており、その姿を見て自分も福祉関係で何か貢献出来たらなと思って福成会に就職させていただきました。就職前に、塚口福成園で実習させて頂くことで興味が湧き、実習後ボランティアで塚口福成園の事業所祭に参加させて頂くことで一層興味を持つことが出来たのが決め手になりました。

今後の目標

まだ入職して数か月のため大きな目標ではないですが、利用者・支援者がともに楽しむことができる環境や、笑顔で利用者が登所できる雰囲気づくりを維持していきたいです。維持が出来ればもっともっと利用者の笑顔を引き出せると思うので、笑顔で暮らせるような職場づくりに貢献できればと思っています。

応募者へのメッセージ

何事も経験だと思います。初めは障害福祉に関わってこなかった僕なので特にですが、最初は理解が難しく、びっくりすることも多かったです。しかし経験をしていくうちに考えも変わります。周りのスタッフからのサポートもあるので是非チャレンジ精神をもって来ていただけたらと思います。

三宅咲

現在の仕事内容

塚口福成園の七松分場(「はぁぶらんど」)で4月から働いています。喫茶店なので利用者支援とお客さんの接客をしています。一般のお客さんとも話す機会があるのでコミュニケーション能力が上がる仕事内容なのかなと思います。

職場の雰囲気

職員数の多い職場のイメージでしたが、女性2名と男性が僕だけの3名なので最初に思っていたイメージとは違いました。ですが3人だからこそ、すぐ仲良くなれましたしどんなことでも相談しやすいので今ではこれでよかったと思います。

仕事を通じて学んだこと

実はせっかちで自分から何かを提供したりするのも苦手なので大学時代からこの仕事には向いていないと言われていてたのですが、仕事で色んな機会に触れていくうちに色々自分の中で変化しているのを感じます。具体的に表現できないのですが、そういう意味では学べたのかなと思います。

福祉職についたきっかけ

元々は児童養護施設で働きたくて大学に行ったんですが、「子供の支援をするためには大人の支援を見てからでないとできないよ」と言われ、成人の事業所を見に行くことになりました。実習を重ねるうちに興味を持ち、福成会と出会いここで働こうと思いました。

今後の目標

将来的には大学の先生になりたいです。社会福祉士になってキャリアアップもしたいです。元々しゃべるのが苦手なので利用者、お客さんとコミュニケーションを取って、先輩職員のコミュニケーションスキルも吸収し、人前でしゃべる事が得意になりたいです。

応募者へのメッセージ

就職を決めるうえで大事な事、例えば「お給料が多い」「休みが多い」等、ここは譲れない部分を自分の中で持っておいた方がいいと思います。

三宅咲

現在の仕事内容

クッキー作業を行っています。

クッキーを作らない日は、利用者さんが楽しめるレクリエーションを考えて行っています。

職場の雰囲気

先輩スタッフは優しい方々ばかりで、質問しやすい環境です。

利用者さんもそれぞれ個性があり、毎日楽しいです。

仕事を通じて学んだこと

個々に合う声かけと、利用者と支援員の信頼関係の大切さです。

利用者によって必要な支援がそれぞれ違うので、その方に合った声かけをすることで信頼関係が築けていると思いました。

福祉職についたきっかけ

塚口福成園で実習させていただく機会がありました。

利用者さんと関わっていくうちに自然と自分が笑顔になったり、自分らしさを出すことができ、学生時代の実習で1番印象に残ったからです。

今後の目標

より深く利用者さんと信頼関係を築いていくことです。

応募者へのメッセージ

先輩スタッフが優しくフォローし、教えて下さることが多く、毎日変化を楽しむことができます。

福祉に興味がある方、ぜひ来てください。

三宅咲

現在の仕事内容

利用者のさんとさをり織りやアルミ缶作業を行ったり、日中の生活の支援をしています。

職場の雰囲気

笑顔があふれています。

分からないことがあったら優しく丁寧に教えてくれています。

利用者さんも少しの変化に気づいてくださったり、毎日色んな話をして下さったりと、とても楽しく良い雰囲気の事業所だと感じています。

仕事を通じて学んだこと

学生の時に障害について学んでいましたが、実際に働いてみると障害を持っていることで生きづらさを持っていることや支援の重要さを学びました。

チームで支援していくことで少しでも一人ひとりの利用者さんの生きづらさを減らしていけたら良いなと思います。

福祉職についたきっかけ

保育の専門学校に行っていた時に、実習でお世話になりました。

10日間という短い期間で利用者さんと関わることがすごく楽しくて自分にあっているなと感じました。また事業所の雰囲気がとても良く、色々な実習に行きましたが1番印象に残ったため、福成会に応募しました。

今後の目標

先輩方に教えていただいている事を一人で自信をもってできるようになりたいです。

また、頼られるようになりたいです。

応募者へのメッセージ

すごく大変なことも多いですが、優しい先輩方が優しく教えて下って毎日楽しいので福成会に来てください。

三宅咲

現在の仕事内容

生活介護事業所で働いています。ハンガーやクッキー作業と、絵画、工作、運動などを利用者の方々と一緒に行っています。

職場の雰囲気

職場は3人体制なのでアットホームな感じで何でも話したり、相談したりできる明るい雰囲気です。支援方法や業務内容でわからないことがあれば色々とアドバイスもくださり働きやすい職場だと思います。

仕事を通じて学んだこと

この仕事を始める前は障害特性がどんなものなのかというのはぼんやりとでしかわからなかったのですが、仕事を通じて利用者の方々の特性は一人一人に個性があり、違う面を持っていることがわかりました。新しくハンガー作業が始まった時に、最初は難しかった工程も治具を使用したり、コツコツ練習を行う事により次第にできるようになっていきました。できないと決めつけるのではなくあきらめないことの大切さと、道具や視点を変えて支援することにより利用者さんの可能性も広がるのだなということを学びました。

福祉職についたきっかけ

今までは事務の仕事をしていたのですが、もともと障害者支援や高齢者介護に興味がありました。介護実務者研修を受講して色々と勉強をしたり高齢者の現場実習も体験していた頃に丁度新聞の記事で障害者の高齢化が進んでいるということを知りました。その後就職フェアに参加した際に福成会を知り、日中のボランティアに参加し働いている方々の雰囲気が良かった事や、研修制度も整っていたのでお世話になることに決めました。

今後の目標

事業所に来るのが楽しいと思っていただけるようにいろんなことを企画して、利用者の方々が「今日も楽しかったな」と笑顔で帰ってもらえるようにしていきたいです。

応募者へのメッセージ

福祉職に興味がある方は見学やボランティアに来ていただき、現場の空気、職場内の雰囲気を感じてもらえればしっくりくると思います。とりあえず自分で動いて感じてほしいです。

三宅咲

現在の仕事内容

相談者を就労移行に案内することが多く、見学に同行しています。

職場の雰囲気

女性が多く戸惑いましたが、相談しやすく意外と楽しいです。

仕事を通じて学んだこと

相談者のためを思い、状況によってあえて助けを出さない場合もありますが、どうしてそうするのかを教えてもらい納得しました。

福祉職についたきっかけ

障害者施設の見学に行く機会があり興味を持ちました。また、周りからも相談に乗ったりすることが上手いと言われたことが合わさり、この仕事をはじめました。

今後の目標

相手のことを考えたうえでわかりやすい言葉で上手に話をしたり、相談に乗ったりする先輩の姿を見て、自分もそのような相談員になりたいと思っています。

応募者へのメッセージ

大変なイメージはあるかもしれませんが、思っているより福祉の仕事は楽しいです。一度見学に来てください。

三宅咲

現在の仕事内容

市内の障害者施設の自主製品の販売のお手伝いや内職の仕事の紹介をしています。

職場の雰囲気

全員女性なので、アットホームで和気あいあいとしています。

仕事を通じて学んだこと

障害者の方が色々な素敵な製品を作っていることを知りました。

福祉職についたきっかけ

介護福祉士の資格を取るため高校で福祉科に通っていました。福祉の勉強をしていくうちに楽しくなってきて、大学や社会に出てからも福祉について勉強すればするほど面白くなってきて今に至ります。

今後の目標

市内の障害者施設の製品をもっと知ってもらいたい。働く上での賃金向上のお手伝いが出来たらいいなと思います。

応募者へのメッセージ

アットホームで、各事業所も個性があって楽しい法人です。ぜひ応募してくれたらいいなと思います。

三宅咲

現在の仕事内容

クッキー作業を担当させていただいています。

初めは先輩スタッフの下、教わっていて自分自身で作業を回すことができるのかなど不安もありました。

実際にクッキー作業を進めていくうちに、利用者さんと一緒にクッキー作業をする楽しみだけでなく先輩スタッフからのアドバイスを参考にして支援をさせて頂けていることが今はとても楽しく思います。


職場の雰囲気

先輩スタッフも優しい方々ばかりで、利用者さんも明るい方々ばかりです。

ゆっくりとした時間が流れている雰囲気で利用者さん個々に合った時間の使い方ができているので自分自身もゆとりを持って支援させて頂いたり利用者さんと関わる時間を設けることができています。

利用者さんも事業所に来て笑顔になって頂けていると実感しているので、とても良い雰囲気の事業所だと感じています。


仕事を通じて学んだこと

学生時代に福祉現場で実習をしたことがあり、その際にも利用者さんへの支援は大切だと感じたことがありました。

実際、働き始めてその思いを再認識したとともに、利用者さんにとって自分たちが支援させて頂くことがとても大切なことなのだと学生時代に感じたよりも強く感じるようになりました。


福祉職についたきっかけ

学生時代は保育士を目指していて、さまざまな施設などで実習を行なう中で福祉実習も行ないました。

その中で、施設実習に行った先のスタッフの方の対応や接し方、利用者さんとの関係性などを見てとても良い雰囲気で楽しそうだと実習を通して思い、関心を持ち始めたことがきっかけです。


今後の目標

クッキー作業を担当させていただいているのですが先輩スタッフにフォローしていただいているので、今後は自分が中心となって利用者さんの支援も含めてクッキー作業を担っていければと思います。


応募者へのメッセージ

福祉の仕事のイメージは人それぞれで、大変なイメージをお持ちの方もおられると思います。確かに、大変な面もあると思いますが、それ以上に楽しかったり嬉しく感じられることもたくさんあります。

先輩スタッフも優しく明るい方が多いですし、利用者さんも寄り添ってくださる方ばかりなので、少しでも福祉の仕事に興味・関心をお持ちの方は、ぜひぜひ福成会へ!!お待ちしています!!


吉山ひかり

現在の仕事内容

クッキーや染め、さをり織りなど、利用者さんと一緒に出来ることを行っています。

私はクッキー作業が自分の中で1番得意です。


職場の雰囲気

利用者さんの人数がすごい多いですが、一人ひとりが全く違って、職員の人も優しくて1つ質問すると10でかえってきたり、すごく身に染みるなと思います。


仕事を通じて学んだこと

障害のことは全く分からず、障害っていうものはどういうものかを仕事を通じて学びました。


福祉職についたきっかけ

介護等体験を通して塚口福成園にお世話になりました。

最初は違う仕事をみていたのですが、どうしても人と関わる仕事がしたいなと思い、その時に塚口福成園の利用者さんが一生懸命私の名前を覚えようとしてくれている、コミュニケーションをとりに来てくださる方がいて、それが嬉しくて、福成会に応募しました。

そこから福祉のことをいろいろ調べていたのですが、自宅から近くて、仕事内容を少し知っている福成会を選びました。


今後の目標

利用者さんの良いところ、出来ることを見つけて最大限引き出せるようにしたい。


応募者へのメッセージ

障害を理解していなくても、未経験や知識がない心配だなという方も福成会なら先輩がフォローしてくれるので心配ないです!


田代誠弥

現在の仕事内容

生活介護事業所で働いています。利用者さんの食事の支援や活動支援、けがや事故のないように安全面での見守りや付き添いを行っています。


職場の雰囲気

職場の雰囲気は、仕事をしていて気になることはありません。あいさつも元気よくされる方が多く明るい職場です。困っているとすぐに声をかけて気にしてくれるのでありがたく思っています。


仕事を通じて学んだこと

先輩スタッフから色々なことを教わり、障害について理解できるようになりました。

以前は、障害を持った方と会った時に、その方の行動が理解できないことが多かったです。でも、仕事で色々なことを学ぶにつれて、今はその行動に何か原因となることがあるのかなと考えることができるようになりました。


福祉職についたきっかけ

幼稚園の先生を目指して福祉の専門学校に通っていたのですが、学校での実習で法人内の事業所に実習に行き、楽しい仕事だなと思うようにいなりました。

いくつかの障害の施設に実習にも行きましたが福成会での実習が最も印象に残り、福祉職を志すようになりました。


今後の目標

自分で出来ることを増やしていきたいと思っています。

今は新人なので先輩方に色々と教えていただいているのですが、今、教えてもらっていることを自分一人で出来るようになって、将来、自分が先輩となった時に、後輩へ教えていけるようになりたいと思っています。


応募者へのメッセージ

最初は幼稚園の先生を目指して保育の専門学校へ入ったので、障害の知識がほとんどなくて不安な気持ちもありましたが、色々なことを学び、知ることで今では楽しく仕事をさせてもらっています。

経験がなくても学びながらできる仕事だと思います。


横山侑加

現在の仕事内容

利用者さんの作業や生活の支援をしています。

朝から夕方まで利用者さんと一緒に過ごす時間すべてがとても楽しく、時間も過ぎるのが毎日早く感じています。特にかかわりやコミュニケーションを楽しく感じています。

職場の雰囲気

スタッフ同士も利用者同士も仲が良いです。

利用者さんが他の人の事を気にしたり気遣う場面が多くあったり、職員同士とも仕事以外の話ができていい雰囲気です。


仕事を通じて学んだこと

人とのかかわり方、自分の言葉の伝え方です。

自分の思うことはちゃんと伝えたいと思うのですが、相手にうまく伝わっていなくて誤解を招くことがあります。その人ごとに伝え方は工夫をしないといけないなと思いました。


福祉職についたきっかけ

はじめは保育士、幼稚園を目指して大学に入りましたが、実習に行ったときに自分にはこちらの方が意外とはまっているのではないか、幼稚園や保育園に行った時より自分らしさがでていたのではないかと思い福祉の方を選びました。


今後の目標

色んな資格を取り、専門的な技術とかもっと知っていけたらいいなと思います。


応募者へのメッセージ

福祉の経験がない方でも気軽に楽しく仕事ができるところだと思います。ぜひ来てください!!


芥田首直樹

現在の仕事内容

就労継続B型の事業で屋内作業では箱作り、南京錠の組み立て等、屋外作業では特養、河川敷清掃の作業支援をしています。

作業の方法を個々の利用者さんに合わせて伝えたり、道具の工夫や能率的な方法を考えたりしています。


職場の雰囲気

事務所の中は笑顔であふれていて、困ったことがあれば誰に聞いても返答が帰ってきますし一緒にも考えてくれます。

新人の職員でも成長しやすい環境でいい雰囲気だと思います。


仕事を通じて学んだこと

今まで福祉の利用者の作業といえば、和気あいあいとしていてゆるいイメージでいましたが、実際はいい意味で厳しく、作業はしっかり作業し、休み時間は楽しく過ごすといったメリハリのあるものでした。

そのメリハリは利用者さん一人一人との関係性が良くないと生まれないのだな、と思いました。


福祉職についたきっかけ

人と関わる仕事に就きたく、福祉の仕事を選びました。

前職は高齢の分野で働いていましたが、発達障害について勉強する機会があり、調べていくうちに障害者の方を支援する仕事があることを知り、この仕事に興味を持ちました。


今後の目標

先輩職員みたいに全体を見れるようになったり、ひとりひとりの障害特性に合わせた支援ができるようになりたいです。

利用者さんへの理解を深め、先輩職員も見習うことで実現出来たらいいなと思います。


応募者へのメッセージ

入ってよかったと思います、新人でもサポートしてもらえる基盤がありますし、やりがいもあります。

ぜひ一緒に仕事をしましょう。


坂田真悟

現在の仕事内容

僕が働いているのはグループホームなので、利用者さんが日中の作業を終えて帰ってこられた夕方から朝までの時間の生活支援をしています。

グループホームは生活の場ですから、利用者さんには自分の家のようにリラックスして過ごしてもらえるよう、支援するのが仕事です。

職場の雰囲気

年齢層は若いんじゃないかなと思います。30代も多いですし、20代後半も結構います。
男性と女性の比率もだいたい同じくらいかなと思いますね。

ムードは明るいです。元気な人が多いと思います。


坂田真悟

仕事を通じて学んだこと

この仕事に就く前までは、知的障害者の方がどんなふうに生きているのか考えたこともなかったんです。福祉の支援に興味はあったけど、深く考えたことはありませんでした。

でも、実際に働いてみると、障害をお持ちの方の“生きにくさ”に直面することがたくさんありました。僕たちの仕事は、利用者さんの人生に深く関わっていると思うんです。
ご本人の意思や力に左右されるところももちろん大きいのですが、僕たちの支援の仕方によって、その人の人生が良くなることも、悪くもなることもあります。

だから、まずは「人の人生に関わらせてもらっている」ということを忘れずにいたいなと思います。


福祉職についたきっかけ

中学の時に「あんたは優しいから福祉職にしたらいいよ」と言われたのがきっかけです。

そこから調べて、「へぇ〜こんなのもいいかな〜」って感じで進んできました。今は力量が追いついているかは別として(笑)、「あぁ、おもしろいなぁ」と思うことがたくさんあるので、向いてるんじゃないかなと思います。


今後の目標

福祉に関わる資格はいろいろあるので、それを取りたいなと思っています。

それから、今はまだいちスタッフという立場ですが、もっと広い範囲を見られるようになるためにも、もっともっと勉強して自分が指導できる立場になりたいですね。

自分のアイディアや考えを伝えていきながら、より良いサービスを提供できるような施設作りにも関われるようになりたいです。

この仕事は対人の仕事なので、マニュアル通りにはいきません。毎日違うことが起きます。利用者さんの心情も刻々と変わっていくうえに、上手に訴えられない方も多いんです。

利用者さんの繊細な気持ちの変化に、いち早く気づいてあげられるようになりたいですね。


応募者へのメッセージ

人と接する仕事だから、楽しい方がいいなと思うんです。そのためにも、まずは自分が楽しむことが大事です。なんでも楽しめる人にはぴったりの仕事じゃないかなと思います。

いろいろ悩むこともあると思うんですが、深刻になりすぎず、それすらも笑える、楽しめるように切り替えていけたらすごくやりがいはあります。

人の気持ちに寄り添うという気持ち、楽しむ気持ちがあれば、職員みんなでサポートしますので、ぜひ飛び込んできてください。

高木文樺

現在の仕事内容

9時から16時まで、利用者さんといろいろな軽作業をしたり、日中の生活の支援をしています。

紙袋の取っ手をつけたり、100円ショップで売っているタッパなどの袋詰め、シール貼り、チラシの折込などをしたり。納期を考えながら計画してやっています。


職場の雰囲気

年齢関係なく、みんなが利用者さんの笑顔を目標にやっているので、笑い声が多いです。

なんでも言い合えるし、みんなでよく話もします。明るくて、楽しいです。

高木文樺

仕事を通じて学んだこと

この仕事は自分を見直す機会がすごく多いなと思います。利用者さんは毎日変わりますし、いろいろな方がいらっしゃいます。

まだ仲良くない人でも、みなさん私の気持ちを感じ取ってくださるんですよ。だから私が焦っていたり、落ち込んでいると、それがダイレクトに伝わってしまう。
自分は隠しているつもりでも、全部伝わっているんです。ですから、私はみなさんを支援する立場にありますが、利用者さんのことだけでなく自分の状態も把握しておく必要があるんだなと思います。


福祉職についたきっかけ

大学で福祉を学んでいたんですが、その頃は仕事のことまで考えていませんでした。
そんな中、3年生の時に実習で障害をお持ちの方と直接触れ合う機会があったんです。

最初は今話しかけて大丈夫かな?という不安ばっかりだったのですが、最終日には目に見えない絆のようなものができたように感じられたんです。

それがすごく嬉しくて、もっともっと一緒にいたら、もっと仲良くなれるんじゃないかな、やりたいなと思ったのがきっかけです。


今後の目標

いつまでも新人でいたいんですけど(笑)、やはり年齢を重ねるにつれて、どんどん下の年代も入ってきますし、後輩の目標になるような人になりたいです。

管理職の方を支えつつ、現場は「こいつがいたら大丈夫」と任せてもらえるように成長していきたいですね。

利用者さんと一緒に過ごして、その場にいるみんなと一緒に笑えた時ってすごく嬉しいんですよ。そんな時間を増やしていけたらいいなと思います。


落ち込んだ時は?

私はバレエをしているので、踊ります。踊ったら元気になるんですよ(笑)。


応募者へのメッセージ

自分を変えてみたい人に来てもらいたいです。笑うのが苦手な人でも、利用者さんと一緒にいたら利用者さんが変えてくれるんですよ。

だから、明るくなくても、いろいろ苦手なことがある人でもいいと思います。知的障害者と接した経験がない方でも、ここで知っていけばいいんです。

未経験でもどんどん来てくれたらいいな。

野村充洋

現在の仕事内容

生活介護をする施設で働いています。担当している方には障害が比較的重度の方が多いので、利用者の方が将来的に一つでも多くのことを一人でこなせるように、将来につながる支援をしています。


職場の雰囲気

明るい職場ですね。みんなで協力しあっていますし、悩んでいても自然に誰かが寄り添ってくれますし、最終的には笑ってる感じです。

年齢は30代がメインで、女性の方が少し多いかもしれません。


野村充洋

仕事を通じて学んだこと

最初はまったく知識もなかったですし、どこかちょっと怖かった自分がいました。でも、実際に触れ合っていく中で、行動には全て意味があるということを体感して、少しずつ自分に余裕が出てきたような気がします。
突発的なことが起きても「どうしたのかな?」と落ち着いて考えられるようになったので、慌てることが少なくなってきましたね。

コミュニケーションの方法や捉え方が違っても、人と人だから根幹は一緒なんだなと思います。
利用者さんと触れ合うことが、自分を振り返るきっかけになることも多いです。


福祉職についたきっかけ

大学が福祉関係の大学で、高齢化社会だし、自分の親も歳を取るんだから身につけたらいいんじゃないかなと思って高齢者福祉を勉強しようと思っていたんです。

けど、実習で現場に行ってみてると、どこかしっくりこなくて。そんなとき、最終的にたどり着いたのが障害者支援でした。


今後の目標

利用者さんと一緒に練習してきたことができるようになった時など、自分がしたことが成果にあらわれるとすごく嬉しいんです。

そういう瞬間が増えるように、自分の知識・技術を深めて、利用者さんに還元できるようにしたいです。


落ち込んだ時は?

やめたいな、辛いなと思うことが全くないと言うと嘘になりますが、「仕事は遊びじゃないから、つらいことがあっても当たり前」と考えるようにしています。

それから、職場の人間関係がいいんですよ。

先輩も後輩もみんな話をしてくれるし、アドバイスもたくさんもらえます。それで気持ちが切り替わることは多いですね。


応募者へのメッセージ

とにかく気軽に来てくれて大丈夫だと思います。やったことがなくても、みんなが丁寧に教えてくれますし、迷ったり困ったりした時にも質問しやすいと思います。

あまり緊張しすぎずに来ていただきたいですね。

高田夏海

現在の仕事内容

就労支援員です。障害をお持ちの方の一般就労へのサポートをしています。

施設で就職に向けたプログラムをやりながら、就職活動のサポートをしています。
ハローワークや面接、就労体験の同行、就労後のサポートもしています。

企業の方と障害者さんの間でできることはなんでもやっています。


職場の雰囲気

事業所にいるスタッフは10名なんですが、担当するの1人につきは3名なので、みんなで連絡を取り合いながら働いています。

ベテランの方もいらっしゃいますし、お互いの経験を教え合いながらやっています。


高田夏海

福祉職についたきっかけ

私は教員免許を持っていて、教育実習で支援級に行ったり、体育の担当なので障害者スポーツの勉強をしたりしていたんです。
そのとき実際に障害者の方々と触れ合って体験してみても、何の違和感もなくて。障害がない方と触れ合うのと変わらず、ごく自然に関わることができたんです。

特別な志があったかというとそうではなかったのですが、人と関わってサポートできる仕事がいいなと思っていたので、この職業なら叶えられるかな?と思えたんですよね。


仕事を通じて学んだこと

働くことをサポートするということは、その方がどんなふうに生きていくかをサポートすることなんだなと感じます。
ただ単純にハローワークに行って「こんな仕事があるよ」というのではなくて、「あなたはどんな生活をしたいの?」「働くことでどんな満足を得たいの?」ということを一緒に考える。みなさん、障害があることで、なんらかの生きにくさを抱えていらっしゃるので、その部分に寄り添いながらその人の「生き方」を一緒に模索することで、自分の人間性も試されているんじゃないかなと感じます。

人の純粋さに改めて気づくことも多いですね。多くの人がうまく隠しながら生きる部分を隠せなくて、さらけ出して生きている姿が、人の心をすごく動かすんだなと思います。
できないことがあってもいいんです。「できなくてもいいんだよ」って利用者さんに声をかけることがあるのですが、その言葉はいつも自分に返ってきますね。


今後の目標

利用者さんがいい笑顔で「就職できたよ!」と言ってくれるように、サービスの質を上げられるように追求していきたいと思います。

この分野はまだ歴史が浅く、10~15年ほどなんです。まだまだ発展していく分野なので、それに合わせて自分も施設も変わっていかなくちゃいけない。
私たち支援者が未来を見て引っ張っていかなくてはいけないので、強い気持ちで、前向きに走りつづけていけたらいいなと思います。


応募者へのメッセージ

人に興味があるな、人が好きだなと思う人は、あれこれ考えすぎずに足を踏み込んでみたらいいんじゃないかなと思います。

難しいことばかり考えていても、実際に利用者さんに対面したら、こんなことばっかり考えててもしょうがないな!ってきっと思えるはず。
理屈じゃなくて気持ちでぶつかっていけば、きっと良いレスポンスが返ってきますよ。

山本勝信

現在の仕事内容

お仕事をこれからしたいという方の相談に乗り、就職につなげていく仕事をしています。

最初は支援の現場で働いていたんですが、ちょっとずつ変わっていって、気がついたら就労支援の仕事をしている感じです(笑)。


職場の雰囲気

僕の職場のスタッフは4名ですが、なんでも話し合えてアットホームな感じです。

それまでは大人数でワイワイしてる感じだったのですが、現在は人数も少ないし、個人業務も多いのですが、困った時に助け合えるのは心強いですね。


山本勝信

福祉職についたきっかけ

もともと、保育士を目指していたんですよ。それで専門学校に通っていましたが、実習に行った時に障害者支援の現場に触れたんです。

私は人が好きなので、利用者さんと関わるのがすごく楽しくて。「自分はこっちかな」と思って決断しました。


仕事を通じて学んだこと

自分自身も最初は、障害者の方が働くにはどうしたらいいのか分かりませんでした。でも、実際に自分よりも長く働いていらっしゃる障碍者の方はたくさんいる。
企業の求めるものと、本人の特技ややる気がマッチすれば働いていけるんだ、ということを実感しましたね。

就労訓練をしている現場でも、興味があることには非常に前向きに取り組んでくれる人が多いんです。だから、僕たちが限界を決めたり、別世界みたいに考えたりしないで、その人の個性や意欲、環境がマッチするようにサポートしていけたら世界はどんどんつながるなと感じています。

本当にちょっとした助言やサポートで、その人の可能性が広がる。自信を持てると、人って表情が変わるんですよ。
人間ってすごいんだなぁと、いろいろな出会いから感じる日々ですね。


ストレス発散法

子供に会えることがストレス発散です。一緒に遊んだり、家族とテレビを見て笑ったり。それで大抵のストレスは発散できます。

仕事のことは、同じくらいの年代、役職の仲間がたくさんいますので、みんなで話をすることで前向きになれますね。


今後の目標

この仕事を始めてまだ2年目なんですが、よりスピーディーに、より深くやっていかなくちゃいけないと思います。

今までは福祉のことだけを考えていましたけど、この仕事は行政や企業、労働法規などとも関わって、総合的に考えていかなくてはいけない。
自分の足で現場をまわって、感じたり、見たりしつつ、もっともっとコミュニケーションも取らなくちゃいけないし、知識もつける必要がありますね。

自分のキャパを広げながら頑張っていきたいなと思います。


応募者へのメッセージ

最初は不安がたくさんあると思います。でも、人材育成にも力を入れているので、みんなが丁寧に教えてくれます。

ここにいるみんなも最初は初心者だったので、同じ気持ちを味わっています。安心して飛び込んできて欲しいですね。